2010年05月28日

移設の可能性「ゼロに近い」=名護市長(時事通信)

 沖縄県名護市の稲嶺進市長は23日午後の鳩山由紀夫首相との会談で、米軍普天間飛行場(同県宜野湾市)を名護市辺野古周辺に移設する政府方針について「(受け入れを拒否する)民意が高まっている状況からすると、実現可能性はゼロに近い」と伝えた。 

【関連ニュース】
【特集】世界の航空母艦〜米ニミッツ級から中国の空母建造計画まで〜
【特集】沖縄と米国海兵隊〜ペリーと黒船でやって来た海兵隊〜
【特集】迷走!普天間移設〜シュワブ沿岸部移設で日米大筋合意〜
【特集】米国海兵隊兵器総覧〜沖縄に配備されているのは?〜
増税なしでデフレ脱却、財政再建は可能〜みんなの党・渡辺喜美代表インタビュー〜

首相動静(5月24日)(時事通信)
貞観地震 震源域「宮城県沖」より広く…9世紀(毎日新聞)
宮崎・口蹄疫 えびの市沈静化か(産経新聞)
振り込め詐欺、4月は27%減=「おれおれ」は増加―警察庁(時事通信)
「日米合意、全く理解できない」福島党首 困惑の社民党(産経新聞)
posted by avghhxhtz4 at 21:31| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。