2010年02月04日

新幹線停止 ボルト付け忘れ パンタグラフ 部品外れ架線切断(産経新聞)

 東海道新幹線の品川−小田原間で先月29日、停電が発生し約3時間半にわたり運転ができなくなったトラブルは、同区間の下り線を走っていた「こだま659号」の12号車のパンタグラフの一部が、部品交換時のボルト付け忘れによって外れ、架線を切断したことが原因であることが1日、JR東海の調査でわかった。

 659号は、架線が切れた29日の午前から午後にかけ、ボルトを付け忘れたまま東京−新大阪間を1往復(計約1千キロ)していた。事故当時は時速180キロだった。

 JR東海によると、付け忘れていたのは、3本の架線のうち電気を供給するトロリ線と接するパンタグラフの「舟体(ふなたい)」と、舟体を支える「上枠」と呼ばれる鉄製アーム(長さ約1メートル)を固定するステンレス製のボルト。1月27日、運行終了後の目視による検査で舟体に異常が見つかり、大井車両基地(東京都品川区)で交換したが、この際、作業員がボルト4本すべてを付け忘れたという。

 このため走行中に舟体が脱落し、支えを失って上昇した上枠が線路脇の電柱と架線をつなぐ棒状の金具と接触。この金具に引っ張られる形で、トロリ線をつる補助吊架(ちょうか)線がちぎれたという。

 交換作業は同社の作業員2人と監督者1人が担当したが、3人ともミスに気付かなかった。JR東海は「まれに行う作業ゆえの人為ミス。真摯(しんし)に受け止め再発防止を図りたい」と釈明。部品の数量管理や作業記録の明確化といった再発防止策を徹底するとした。

 停電は1月29日午後1時50分ごろに発生。品川−小田原駅間で5本が立ち往生し、乗客約3100人が3時間半近くにわたり車内に缶詰め状態になったほか、計56本が運休し終日ダイヤが乱れた。

 ■完全なミス

 ≪曽根悟・工学院大客員教授(鉄道工学)の話≫

 「パンタグラフは車体と比べて構造がはるかに弱く、高速で走る新幹線ならば、なおさら細心の注意を払って作業する必要があった。ボルトが緩んでいたということとは質が違う完全なミスが起きた」

「別れさせ屋」野放し、ヤフーが広告掲載中止(読売新聞)
鳥取沖の実習船衝突 原因は「張り不備と飲酒」 運輸安全委員会が調査報告書(産経新聞)
<銭湯不正配管>下水料逃れ 浜松市5億7000万円を請求(毎日新聞)
小沢氏に「けじめ必要」=枝野氏、進退に言及(時事通信)
羅臼漁協の漁船、ロシア国境警備隊から照明弾(読売新聞)
posted by avghhxhtz4 at 23:48| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

仮想空間での不動産勧誘、3社90億所得隠し(読売新聞)

 インターネット上に開設された仮想空間での不動産投資を勧誘するマルチ商法(連鎖販売取引)の業者など3社が、東京国税局と関東信越国税局の税務調査を受け、2008年までの3年間で計約90億円の所得隠しを指摘されたことがわかった。

 このマルチ業者は、虚偽説明があったとして消費者庁から特定商取引法に基づく行政処分を受けており、現在も仮想空間は本格稼働していない。

 所得隠しを指摘されたのは、仮想空間での不動産投資で会員を集めた「ビズインターナショナル」(さいたま市)と、システム開発を担当した「I.D.R」(東京都港区)、同社下請けの「フレパー・ネットワークス」(同)の3社。

 所得隠しの内訳は、I社が約75億円、フレパー社が約10億円、ビズ社が約2億円。

 関係者によると、ビズ社は、07年6月〜09年5月、全国で説明会を開催するなどして、フレパー社とI社が開発した「エクシングワールド」と称するネット上の仮想空間への参加を募集。「仮想空間で不動産を先行取得すれば、転売や賃貸で大きな収入が見込める」と説明し、会員登録の条件としてパソコン用DVDなどを約40万円で販売した。また、新規会員を集めると1人につき2万〜1000円のボーナスを支払う、と説明していた。

 09年6月とされた仮想空間のスタートは2度延期され、同年10月に公開されたという試作版は「説明内容とは乖離(かいり)がある」(消費者庁幹部)という。消費者庁は、ビズ社が2万人以上の会員を集め、100億円近くを売り上げたと見ている。

 国税当局の調査で、ビズ社ではI社に支払った業務委託料のうち対価性の低い支払いが見つかったほか、I社では架空経費の計上などが判明したという。

 消費者庁は09年11月、会員募集の際に虚偽説明があったなどとして、ビズ社に6か月間の一部業務停止命令を出し、関係先としてI社とフレパー社の社名を公表している。

 フレパー社の関係者は「ビズ社が問題のあるマルチ商法を展開しているとは知らなかった。税務調査を受けたのは事実だが、(所得隠しなどの)不正はない」と話している。I社とビズ社は3日までに回答がなかった。

<普天間移設>双方の主張を確認…日米外務・防衛局長会議(毎日新聞)
花組トップ娘役に蘭乃さん=宝塚歌劇団(時事通信)
<缶飲料>岐阜産使い「静岡茶」表記…製造会社を行政指導(毎日新聞)
東海道新幹線の停電、運転再開めどたたず(読売新聞)
日中歴史共同研究 教科書に影響も 「盧溝橋事件」「南京事件」歩み寄り(産経新聞)
posted by avghhxhtz4 at 12:33| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

結婚への夢、ブログにつづる=大出さん、「旅行に」翌日遺体で発見−連続不審死(時事通信)

 「最近ずっと相手と新居を探したり、新生活のことを話し合ったりしているんです」。殺害された会社員大出嘉之さん=当時(41)=は昨年8月5日、ブログに結婚への夢をつづっていた。しかし、木嶋佳苗容疑者(35)との「婚前旅行」で喜びは暗転、翌6日には埼玉県富士見市の駐車場に止められた車内で遺体で見つかった。
 捜査関係者によると、木嶋容疑者とは昨年7月初旬、インターネットの結婚紹介サイトで知り合い、交際を開始した。「きょう相手のご家族と会うのです」「実は婚活中」。ブログには結婚を間近に控えたうれしさがにじんでいた。
 「今夜から2泊3日で婚前旅行に行きます」。大出さんはブログにそう書き残し、レンタカーを運転して都内の木嶋容疑者宅に向かった。
 富士見市内の駐車場に止められた車の中からは、大出さんの遺体としちりん、燃え残った練炭が見つかった。自殺に見せ掛けられたが、遺書や車の鍵などがなかったという。 

【関連ニュース】
「結婚したら尽くします」=サイトで「家庭的」演出−交際後に金無心・木嶋容疑者
連続不審死、35歳女を逮捕=会社員男性殺害の疑い−練炭自殺装う・埼玉県警
殺人容疑で女を逮捕へ=来月初旬にも、41歳男性死亡−連続不審死・埼玉県警
詐欺容疑で女を送検=男性連続不審死−埼玉県警
窃盗罪で女を追起訴=連続不審死−さいたま地検

防戦・失言ずさん国会 自民攻勢「野党ボケだ」(産経新聞)
東海道新幹線 一時不通…乗客3100人「缶詰め」疲労感(毎日新聞)
<国歌斉唱・不起立>教職員の氏名収集を継続…神奈川県教委(毎日新聞)
<通り魔>路上で女性切られる 犯人は逃走 名古屋・中村(毎日新聞)
道路しゃがみ込み?男性はねられ死亡 大阪(産経新聞)
posted by avghhxhtz4 at 01:15| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。