2010年01月22日

足利再審、生々しい取り調べの再現 菅家さん気分悪くなり休廷(産経新聞)

 静まりかえった法廷に、2人のやり取りだけが響く−。宇都宮地裁で21日開かれた足利事件の再審第4回公判。菅家利和さん(63)の“自白”する様子が録音された取り調べテープが再生され、生々しいやり取りが法廷に流れた。18年前のつらい記憶をたどるように菅家さんは硬い表情で聴き入っていた。

 午前10時すぎに開廷。佐藤正信裁判長の指示で、テープが再生されると、法廷内のスピーカーから当時の取り調べの生々しいやりとりが流れた。

 雑音とともに、ドアを開くような音。そして、「元気かい」と検事とみられる声が響く。記者や傍聴人らは録音内容を一言も聞き漏らすまいと、身を乗り出してテープを聞いていた。

 グレーのスーツにクリーム色のネクタイを締め、弁護人席の最前列に座った菅家さんは、テープ再生直後、背広のボタンを留め直したり、目を閉じて体を左右に揺らすなど、落ち着かない様子を見せていた。

 その後は、普段通りの落ち着きを取り戻し、テープの内容を書き起こしたとみられる資料に目を落としながら聞いていた菅家さん。

 再生開始から約40分後、「体調が悪い」との理由で急遽(きゆうきよ)退廷。関係者によると、一時は血圧が下がるなどの症状を見せたが、午前11時すぎには再び法廷に姿を見せた。

 今回の公判から、菅家さんは昼休みなどに記者の質門に応じることも取りやめており、当時の録音テープの再生は、菅家さんにとってかなりの精神的負担になっているものとみられる。

【関連記事】
足利事件再審公判 録音テープ再生へ 菅家さん“自白”の経緯問う 
感無量の音色響く…足利事件の菅家さんが故郷で除夜の鐘
足利事件、DNA型鑑定めぐり対立 予定を2時間超える
足利事件 「当時の鑑定は精度低かった」科警研所長が再審で証言
再審請求の「冬の時代」が変わる可能性も

19世紀の独製地図にも明記 「竹島は日本領」 独製地図複数現存(産経新聞)
「闘って」首相改めて釈明…参院代表質問(読売新聞)
「政治とカネ」野党が徹底追及へ…通常国会召集(読売新聞)
日本脳炎ワクチンの接種勧奨を再開へ―厚労省(医療介護CBニュース)
東京都心で初雪、平年より10日遅く(読売新聞)
posted by avghhxhtz4 at 06:02| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月21日

羽交い締め「金出せ」 男性5万円入り財布奪われる(産経新聞)

 16日午前3時20分ごろ、大阪市淀川区十三本町の路上で、2人組の男がパチンコ店従業員の男性(24)=東淀川区=とすれ違いざまに羽交い締めにし、刃物(刃渡り約10センチ)を顔に突きつけて「金を出せ」と脅した。2人は男性から現金約5万円入りの財布を奪って逃走。淀川署は強盗容疑で調べている。

 淀川署によると、1人は身長約165センチで黒っぽいジャンパーとズボン、ニット帽を着用。もう1人は眼鏡をかけ、茶色のジャンパー姿だった。男性は15日が給料日で近くの繁華街で酒を飲み、帰宅途中だったという。

【関連記事】
62歳男性、強盗に縛られ4日間放置 室内には物色跡
コンビニ強盗を“助演” 窃盗容疑で店員ら逮捕
小沢邸に“火炎瓶男”出現 酒瓶持ち「これを投げるぞ!」
あのベストセラー作家が逮捕! 資産隠し&所得隠しを…
“元同級生”17歳サバ読みナンパ男の素顔…警察が激白

「判定軽度化」93%が是正=再申請者の要介護認定−厚労省(時事通信)
<輿石参院議員会長>「政権公約実現、国民に対する使命」(毎日新聞)
パトカーに追われ逆送しトラックと衝突、男女2人重傷 栃木(産経新聞)
将棋 王将戦開幕 久保が先手番(毎日新聞)
平野官房長官、内閣官房の人事刷新を検討(産経新聞)
posted by avghhxhtz4 at 21:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

<安保50年>米軍の抑止力強調 首相談話、普天間に触れず(毎日新聞)

 鳩山由紀夫首相は19日、日米安全保障条約の改定調印50周年にあたっての談話を発表した。「日米安保体制に基づく米軍の抑止力は、(日本)自らの防衛力とあいまって、引き続き大きな役割を果たしていく」と、特に米軍の抑止力の意義を強調している。また、「日米同盟を21世紀にふさわしい形で深化させるべく、米国政府と共同作業を行い、年内に成果を示したい」として、協議の結果を共同宣言などにまとめる意向も示した。

 談話は50年を振り返り、「わが国が戦後今日まで、自由と民主主義を尊重し、平和を維持し、その中で経済発展を享受できたのは、日米安保体制があったからといっても過言でない」と評価。北朝鮮の核・ミサイル実験などの問題を抱える中、米軍の抑止力について、「核兵器を持たず軍事大国にならないとしているわが国が、平和と安全を確保していく上で大きな役割を果たす」と指摘した。

 また、在日米軍の存在についても「地域の諸国に大きな安心をもたらすことにより、(アジア太平洋地域全体の)公共財としての役割を今後とも果たしていく」と意義を強調した。懸案となっている米軍普天間飛行場(沖縄県)の移設問題には触れなかった。

 日米安保条約は60年1月19日、改定の調印が行われた。両国は昨年秋の首脳会談で、改定50周年に合わせ同盟関係の深化に向けた政府間協議を行うことで合意しており、オバマ米大統領も声明を発表する予定。日米外務・防衛担当閣僚も共同声明を発表する。【山田夢留】

 ◇首相談話の全文

 19日に発表された、日米安保条約改定50周年にあたっての鳩山由紀夫首相の談話の全文は次の通り。

 日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約(日米安保条約)の署名50周年に当たっての内閣総理大臣の談話

 日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約(日米安全保障条約)は、1960年1月19日にワシントンにおいて、日米両国の代表によって署名が行われました。本日は、それから50年の節目を迎える日であります。

 日米安保体制は、我が国の安全のみならず、アジア太平洋地域の安定と繁栄に大きく貢献してきました。我が国が戦後今日まで、自由と民主主義を尊重し、平和を維持し、その中で経済発展を享受できたのは、日米安保体制があったからと言っても過言ではありません。

 過去半世紀の間、冷戦の終結や9・11テロ等、世界の安全保障環境は大きく変化しましたが、我が国をとりまく安全保障環境は、北朝鮮の核・ミサイル実験に見られるよう厳しいものがあります。こうした中、現在及び予見し得る将来、日米安保体制に基づく米軍の抑止力は、核兵器を持たず軍事大国にならないとしている我が国が、その平和と安全を確保していく上で、自らの防衛力と相俟(あいま)って、引き続き大きな役割を果たしていくと考えます。

 また、日米安保体制は、ひとり我が国の防衛のみならず、アジア太平洋地域全体の平和と繁栄にも引き続き不可欠であると言えます。依然として不安定、不確実な要素が存在する安全保障環境の下、日米安保条約に基づく米軍のプレゼンスは、地域の諸国に大きな安心をもたらすことにより、いわば公共財としての役割を今後とも果たしていくと考えます。

 こうした認識に立ち、私は50周年を記念する年に当たり、日米安保体制を中核とする日米同盟を21世紀にふさわしい形で深化させるべく、米国政府と共同作業を行い、年内に国民の皆様にその成果を示したいと考えます。

【関連ニュース】
日米安保:調印50年 首相「普天間が試金石」
日米安保:「核廃絶へ努力を」19日の声明概要
日米安保改定50年:共同声明の文面調整で局長級協議
日米外相会談:同盟深化の協議開始 普天間移設は平行線
日米安保:米国人女性がドキュメンタリー映画を製作

裁判長「実刑意見あった」と説諭=猶予判決、評議に言及−守秘義務に触れる? ・大阪(時事通信)
現場マンションに指紋 59歳男、近く再逮捕 南青山強殺容疑(産経新聞)
東京都の「派遣村」終了、再就職は十数人(読売新聞)
<米牛肉>危険部位混入 2施設の禁輸解除 農水、厚労省(毎日新聞)
石川衆院議員 東京地検が逮捕…政治資金規正法違反容疑(毎日新聞)
posted by avghhxhtz4 at 12:20| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。